タオルドライまで気を配って

さてすすぎまでしっかりと終わったら、最後はタオルドライをしてスキンケアです。お肌に負担をかけない洗顔を行うために、タオルドライまで気を配って洗顔を終了させましょう。

 

タオルドライをする際に、水気を早くふき取るためごしごしとぬぐってしまっている方はいらっしゃるでしょうか。お肌に刺激を与える洗顔はNGだと、大分世の中に広まっていますので、ごしごしと力を入れてしまってはいけないとご存知の方は多いでしょう。

 

そのため、ごしごしとふき取っている方も今では少ないとは思いますが、もしいらっしゃったらその方法はすぐに辞めて優しくふき取るようにしてください。

 

タオルドライの方法は簡単です。タオルを両手で持ちそのタオルで顔を包み込むようにしてふわっと水気をふき取るのです。このとき、手を動かしてタオルでお肌を擦ってはいけません。タオルで顔を包み込んだまま、しばらくじっとして水分を吸収させ、吸収しきったら終了です。できるだけ早いうちにスキンケアを開始しましょう。

 

洗顔が終了してから、スキンケアを開始するまでの時間は、少しでも早いほうがいいです。時間がたてばたつほどお肌は乾燥していき、乾燥はお肌の大敵で様々なトラブルを引き起こしてしまうことがありますから、洗顔をするときはすぐ近くにスキンケアグッズを置いておくといいでしょう。

 

もしくはすぐに使えるスプレータイプの化粧水などを置いておきそれをまず使い、その後服を着たりしてからスキンケアを開始するのもOKです。

関連ページ

始めは顔と手の素洗い
始めは顔と手の素洗いから洗顔は初めます。
石鹸をしっかり泡立てる
さて顔と手の素洗いが終わったら、次は石鹸の準備です。にきび石鹸でも普通の石鹸でも、石鹸で顔や体、頭を洗うときは泡を使います。
泡を乗せるのは皮脂分泌が多い部分から
洗う際は、まず泡を乗せますがその際に皮脂の分泌量が多い部分に乗せるようにしましょう。
お肌に優しい洗い方
お肌に優しい洗い方について説明します。
すすぎは丁寧に
しっかり時間をかけて、優しく洗えたらお次はすすぎです。すすぎも素洗いのときと同じくぬるま湯を使ってくださいね。