すすぎは丁寧に

しっかり時間をかけて、優しく洗えたらお次はすすぎです。すすぎも素洗いのときと同じくぬるま湯を使ってくださいね。

 

皆さんはすすぎをするときって、大体どのくらいの回数行っているでしょうか。5回〜10回くらいが多ようですが、お肌のための丁寧な洗顔で推奨されるのは、なんと30回のすすぎです。

 

しかし回数は専門家によっても分かれるところで、30回のすすぎを推奨しているところもあればそれ以上、たっぷりの時間をかけてのすすぎを推奨しているところもあり、共通して言えることはとにかくしっかり、じっくり時間をかけて、という点です。

 

ただすすぎの回数に注意するまえに、すすぎ方にも注意をしなければなりません。

 

洗顔の時は優しく、お肌に指を当てないように泡で洗っている方はいらっしゃっても、すすぎのときに指をお肌に当てないよう気をつけている方はあまりいないようですね。実はすすぎのときも洗顔と同じく、指や手のひらを使いごしごしと洗ってはいけないんです。

 

理由も洗顔のときと同様、お肌を摩擦してしまうことで余計な刺激を与えてしまうから、です。

 

具体的には両手の平をお椀型にしてぬるま湯をすくい、そのお湯を泡が残っている部分に当てる、これを繰り返してお顔の泡を全て洗い流します。なので多いと思われていた30回でも、案外多いというわけではなくこの方法ですすぐとちょうどいいくらいの回数なのです。

 

またすすぐ際に洗面器を使っている方もいらっしゃると思いますが、お肌のトラブルがある場合はそれも止めておいたほうが吉です。節約の観点からは少しためらいがありますが、汚れのない流水で綺麗にすすいでくださいね。

関連ページ

始めは顔と手の素洗い
始めは顔と手の素洗いから洗顔は初めます。
石鹸をしっかり泡立てる
さて顔と手の素洗いが終わったら、次は石鹸の準備です。にきび石鹸でも普通の石鹸でも、石鹸で顔や体、頭を洗うときは泡を使います。
泡を乗せるのは皮脂分泌が多い部分から
洗う際は、まず泡を乗せますがその際に皮脂の分泌量が多い部分に乗せるようにしましょう。
お肌に優しい洗い方
お肌に優しい洗い方について説明します。
タオルドライまで気を配って
最後はタオルドライをしてスキンケアです。お肌に負担をかけない洗顔を行うために、タオルドライまで気を配って洗顔を終了させましょう。