石鹸洗顔の正しい方法記事一覧

いくらいい成分がたっぷり配合された、効果の感じられるにきび石鹸を手に入れたからといってそれだけでにきびがぐんぐん治っていくという訳ではありません。にきびを改善に導くためには、にきび石鹸を使って正しい洗顔方法で洗顔をすることが大事なんです。ということで今回から、正しい洗顔方法の説明をしていこうと思います。まずは洗顔を始めるまえの段階から。石鹸を泡立てて洗顔を開始するまえに必要なこと、それは顔と手の素...

さて顔と手の素洗いが終わったら、次は石鹸の準備です。にきび石鹸でも普通の石鹸でも、石鹸で顔や体、頭を洗うときは泡を使います。なのでしっかり洗えるよう石鹸を濡らし泡立て用のネットを使い、たっぷりの泡を作ってください。コツは石鹸、ネットをお湯で濡らしすぎないことです。はじめ石鹸と泡立て用ネットをぬるま湯で濡らし、石鹸をネットで包みます。そのまま軽くネットを滑らせ、石鹸を削るようにします。そうしたら石鹸...

ではしっかりとした泡を作ることが出来たら、ようやく本番、顔を洗っていきましょう。洗う際は、まず泡を乗せますがその際に皮脂の分泌量が多い部分に乗せるようにしましょう。先に乗せることでじっくり時間をかけて皮脂を洗い流すことができますし、皮脂分泌量が多い部分を先に洗うことで部分ごとの肌質に合った効率のよい洗顔が出来ます。皮脂分泌量が多い部分というと、多くは鼻の周り、眉の上〜眉間のTゾーンですね。特に鼻の...

泡をお顔に乗せたら洗っていくのですが、このときごしごしと力を入れて洗ってしまってはいけません。お肌はとてもデリケートで、ごしごしと擦ったり指の力が入ってしまうと、それがお肌への刺激になりバリア機能が崩れ、乾燥や湿疹などのトラブルを引き起こしてしまうこともあります。特ににきびが出来てしまっているお肌には気を配らなければなりません。ニキビが出来ているということは、お肌のバリア機能が崩れている、ターンオ...

しっかり時間をかけて、優しく洗えたらお次はすすぎです。すすぎも素洗いのときと同じくぬるま湯を使ってくださいね。皆さんはすすぎをするときって、大体どのくらいの回数行っているでしょうか。5回〜10回くらいが多ようですが、お肌のための丁寧な洗顔で推奨されるのは、なんと30回のすすぎです。しかし回数は専門家によっても分かれるところで、30回のすすぎを推奨しているところもあればそれ以上、たっぷりの時間をかけ...

さてすすぎまでしっかりと終わったら、最後はタオルドライをしてスキンケアです。お肌に負担をかけない洗顔を行うために、タオルドライまで気を配って洗顔を終了させましょう。タオルドライをする際に、水気を早くふき取るためごしごしとぬぐってしまっている方はいらっしゃるでしょうか。お肌に刺激を与える洗顔はNGだと、大分世の中に広まっていますので、ごしごしと力を入れてしまってはいけないとご存知の方は多いでしょう。...