殺菌成分は必要?

にきびに効果がある石鹸の中には、殺菌成分を含んでいるものが多くあります。赤ニキビや黄色ニキビなど、アクネ菌が増殖し炎症を起こしてしまったにきびには菌を殺し炎症を抑える成分が配合されているにきび石鹸がベストで、そういった需要にあわせて世の中には様々な殺菌成分が含まれている石鹸が流通しています。

 

にきび石鹸に多く含まれている殺菌成分というと、イオウやトリクロサン、グリチルリチン酸ジカリウムが代表的なものでしょうか。これらの成分を配合した石鹸で洗顔することにより、にきび部分の菌を排除し悪化をふせぎ、改善へと働きかけます。

 

しかし、にきびを改善するに当たって必ずしも殺菌成分が必要、という訳ではありません。前にお話しましたとおり、赤にきびや黄色にきびのように菌が増殖しそれにより症状が悪化してしまったニキビには殺菌成分は有効に働きかけてくれます。ですが、そうではない、白にきびや黒にきびに対しては殺菌成分は必要という訳ではないのです。

 

白にきびや黄色にきびに必要な成分は、よりきめ細かい洗浄成分や汚れの吸着作用のある成分です。毛穴に詰まった汚れを綺麗に洗い流す、吸着して洗い落とすことにより、症状の悪化をふせぎにきびを治していくのです。ですので硬化した角質をはがす作用のあるピーリング石鹸も効果的ですね。

 

つまり、にきびイコール殺菌、ではなく、症状にあわせて殺菌作用のある成分を配合したものを使ったりそれ以外のものを使ったりと、柔軟な対応が必要となる、ということです。

関連ページ

自分の肌質に合ったものを選ぶ
ニキビ石鹸の選び方として、自分の肌質に合ったものを選ぶことが上げられます。
ニキビのタイプにあったものを選ぶ
ニキビ石鹸の選び方として、ニキビのタイプにあったものを選ぶことが大事です。
続けて購入できる価格か?
ニキビ石鹸の選び方として、続けて購入できる価格であることが必要です。
どんな成分が配合されているか
ニキビ石鹸の選び方として、どんな成分が配合されているか知る必要があります。
泡立てやすさ
ニキビ石鹸の選びの基準に、泡立てやすさがあります。