ニキビケアにはニキビ石鹸(洗顔料)を使おう!

 

ニキビケアの重要なポイントが洗顔です!

洗顔に使用するグッズは多くありますが、やはり洗顔料や石鹸が最重要なアイテムではないでしょうか?

 

ニキビをケアする専用石鹸が、「ニキビ石鹸」です。

 

ニキビにお悩みの方は、ニキビ石鹸を使用して、正しい方法で洗顔を行い、それを続けることでにきびの回復が早まり、にきびができにくくなるお肌を作り上げることができるのです。

 

あなたの使っている洗顔石鹸は、「大丈夫」でしょうか?

 

もしかしたら、その洗顔石鹸だから、ニキビが出来てしまっているかもしれません。ニキビが出来ないお肌を目指す為に、是非、ニキビ専用の石鹸を使ってみてください。

ニキビ専用石鹸を使ってみよう!

しかし、ニキビ石鹸、効果があるといわれてもどんな製品なのか、どんな特徴があるのか、どんな使い方をするのか、どういったものを選べばいいのか等、様々な疑問をクリアしないと購入できません。

 

そこで当サイトでは、にきび石鹸に興味がある方、これから購入しようと考えている方の参考になるようなサイトを目指しています。

 

次に、ニキビにお悩み方に、是非、使ってほしい。にきび石鹸のおすすめをランキング形式で紹介ます。チェックしてみてください!

 

ニキビ石鹸【ランキング】

 

ニキビケアにおすすめの洗顔石鹸(洗顔料)をランキング形式で紹介します。

 

NonA(ノンエー)・薬用ニキビ専用洗顔石鹸の特徴

ニキビ専用の洗顔石鹸として開発。ニキビでお悩みの方の意見を基にして作られています。通常の石鹸の約4倍の弾力泡のクッションでお肌に優しく洗顔できます。
お肌のうるおい成分として、「ローヤルゼリー」、「ヒアルロン酸」、「リピジュア」などを配合しているので洗顔後はしっかり潤います。

初めての購入の方には、泡立てネット、ローション、ジェルが貰えるキャンペーン中です。

全額返金キャンペーン中。試して合わなければ返品できます。

価格 2940円
評価 評価5
備考 10日間全額返金保証・医薬部外品
NonA(ノンエー)・薬用ニキビ専用洗顔石鹸の総評

ニキビ専用の石鹸として大人気のアイテムです。洗顔石鹸選びに困ったら、一度でも試してほしい石鹸です。

ファーストクラッシュの特徴

1本で3つの働きをもつオールインワンタイプの洗顔料です。

洗顔するだけの1ステップで、洗顔、保湿、トリートメントが全て出来てしまいます。

ファーストクラッシュは、繊細な日本人の肌向けに配合成分にこだわって作られています。

ファースト クラッシュは、ニキビの原因となる余分な皮脂と毛穴づまりをしっかりオフ。 洗い上がりの肌を清浄に保ちながら、8つの天然植物成分(保湿成分)が必要なうるおいをしっかり届けます。

価格 4011円
評価 評価4
備考 30日間お試しキャンペーン中
ファーストクラッシュの総評

30日間までお肌に合わない、効果を感じない場合には返品できます。安心してためしください。

スキンスムージングクレンザー(プロアクティブ)の特徴

ニキビケアの代表的なアイテム「プロアクティブ」の洗顔料が、「スキン スムージング クレンザー」です。ニキビケアの実績については申し分ありません。

肌にやさしいソフトスクラブ(マイクロビーズ)で古い角質や余分な皮脂をすっきりオフ。有効成分サリチル酸配合で、ニキビのできにくい健康的な肌へ導きます。なめらかな使い心地ですっきり洗浄してくれます。

価格 4000円
評価 評価4
備考 ¥4000円(会員)¥5800円(一般)
スキンスムージングクレンザー(プロアクティブ)の総評

プロアクティブはバラ売りは基本的にしていないので、基本セットの購入が必要です。60日間の返品保証があります。

オルビスクリア・薬用洗顔料の特徴

オルビスのニキビケアライン「アクア」のニキビ用の洗顔料です。

大人気のオルビス化粧品なので安心で価格も手ごろです。

化粧水の浸透を妨げる毛穴詰まりもすっきりと洗い上げ、ニキビケア成分が肌の奥まで届く肌状態に整えます。

オルビスでは、洗顔、化粧水、保湿液がラインナップされているので、トータルで使うことをおすすめします。

お試しキャンペーン中。

価格 お試し\1200(税抜き)円
評価 評価3.5
備考 お試し\1200円 単品\1300円

ルナメアAC・ファイバーフォームの特徴

富士フィルムのニキビケア「ルナメアAC」の洗顔料です。

ファイバーフォーム(植物繊維)で肌に刺激を与えずに、毛穴のつまりを優しく絡め捕ってくれます。

フランス産クレイで皮脂を吸収しうるおいながらスッキリと洗い上げます。

ルナメアACのニキビケアは、簡単3ステップです。トータルで使いことをおすすめします。

お試しキャンペーン中。

価格 お試し\1000円(税抜き)円
評価 評価3.5
備考 お試し\1000円 単品\1800円

そもそもニキビはナゼできる?

思春期ニキビ、大人ニキビは別物と言われますが、メカニズムはとても似ています。

 

思春期ニキビの場合は皮脂(皮脂腺から出た油)、大人ニキビでは不要な角質(古い角質が溜まったもの)が毛穴に詰まる→ふさがった毛穴にアクネ菌が繁殖→ニキビに発展します。

 

オイリー寄りの方であれば、その両方がニキビの原因になっている可能性もあります。

 

どちらにしても、洗顔のポイントは次のようになります。

@お肌をバリアするに必要な皮脂は残しつつ、余分な皮脂や角質をしっかり落とすこと。
A正しい洗顔方法&保湿ケアでお肌の調子を整え、ターンオーバーを正常に戻してあげること。この2点が改善のキーポイントになります。

 

必要なものを残し、余分なものだけを落とす洗顔方法の基本は、思春期・大人ニキビに関わらず同じです。

 

ニキビの洗顔料(洗顔石鹸・洗顔フォーム)に求められること!

 

ニキビ肌におすすめ洗顔料には、押さえておきたいポイントがあります!

 

 

洗浄力が強すぎない!

ニキビに効く事と、洗浄力は関係ありません。逆に洗浄力が強すぎると皮脂を落としすぎる為に、肌の乾燥を招く結果となり、さらに、ニキビを悪化させてしまいます。

 

泡立ちが良くしっかりとした泡が出来る洗顔料!

洗顔は肌に負担の掛からない、「泡洗顔」で行うのがオススメです。その為、しっかりとした「泡」が簡単に作れる洗顔料を選びましょう。スクラブなどが入っている洗顔料は厳禁です。ニキビを悪化させるだけです。

 

刺激の少ない無添加処方!

ニキビの肌に、刺激物は厳禁です。また、出来れば科学的な成分よりも天然由来の成分を中心に作られている洗顔料を選びたいものです。

 

余計な成分が配合されいなくてOK!

ニキビの洗顔料は、汚れを落とすことが目的なので、「保湿」や「美容」成分は必ずしも必要ではありません。洗顔料としての本来の機能に着目した商品を選びましょう。

 

 

 

ニキビ洗顔した後は保湿が大事!

 

洗顔後のスキンケアについてポイントを紹介します!

 

 

洗顔後は、通常のスキンケアのように、「化粧水」、「乳液」、「美容液」などでケアするのは、同じですが、はやはニキビケア用のアイテムを使う事をおすすめします。

 

特に、刺激的な成分は避けることがとても大事です。また、エイジングケア用のように、「油分」が多すぎる成分が多いアイテムは避けましょう。

 

ニキビ用の化粧水

スキンケアには、保湿が一番、大事なポイントです。ニキビケアにおいても最大のポイントです。

 

ニキビ肌には、刺激の少ない天然由来の成分が基本の化粧水がおすすめです。

 

また、ニキビ用の化粧水には、抗炎症作用のある成分「グリチルレチン酸ステアリル」、「グリチルリチン酸ジカリウム(2K)」などが含まれているものを選びましょう。商品によっては、天然由来の生薬「甘草エキス」などから抽出した「「グリチルリチン酸ジカリウム(2K)」が配合されている化粧水もあります。

 

化粧水は、たっぷり使用するのが効果的です。

 

ニキビ用の乳液・美容液

肌の潤いをしっかり保湿できる刺激のすくない自然派志向の商品がをおすすめです。

 

化粧水と同様に抗炎症作用のある成分「グリチルレチン酸ステアリル」、「グリチルリチン酸ジカリウム(2K)」などが含まれているものを選びましょう。

 

ただ、美容成分と呼ばれている成分が、過多な「エイジングケア」用は避けましょう。

 

 

 

ニキビ撃退に効果的な「洗顔方法」

 

ニキビの予防や対策に効果的な洗顔方法について説明します。

 

 

「アクネ菌を撃退しよう、清潔な状態を保とう」と、ゴシゴシと洗顔したり、一日に2回以上洗顔をしたりすると…かえってお肌を痛めて、ニキビを増やす可能性があります。

 

具体的には、肌バリアが低下→乾燥肌→皮脂分泌が増えるORターンオーバーが乱れる→毛穴詰まり→ニキビという悪循環を辿ることに。

 

正しく洗顔を行えば、しっかりと余分な皮脂や角質を落とし、ニキビに強い肌に導くことも可能です。

 

その方法はこちら!

  1. 手を綺麗に洗う。
  2. 顔をぬるま湯で濡らす(皮脂肌36度前後、乾燥肌34度前後、敏感肌28度前後が目安)。熱すぎると必要な皮脂まで落としてしまうので、少し冷たいかな?という位の温度に設定します。
  3. 泡立てネットなどで石鹸を泡立てる。タップリ、キメの細かい泡であるほど理想的です。
  4. 鼻、額、あごといったTゾーン→頬→目もと・口もとの順でクルクルと泡を転がすようにして洗顔して行きます。この時、指が直接肌に触れないようにしましょう。
  5. 20回位を目安に、肌に水を当てるような感じでしっかりと洗顔料をすすぎます。決してゴシゴシしないこと、湯温は冷たい位にキープすることを心掛けましょう。
  6. タオルでポンポンと水分を優しく吸着させます。

 

※洗顔は1日に朝・夜の2回までに留めましょう。

 

ニキビ肌を改善するには洗顔料は「固形石鹸」がおすすめ!

 

洗顔料には、固形石鹸と、クリームのようになった洗顔フォームの2タイプがありますが、皮膚科の先生でさえ「固形石鹸の方が良い」と言います。

 

その理由はズバリ、「お肌に優しいから」です。

 

洗顔フォームと固形石鹸の違いは、洗浄成分に見られます。

 

洗顔フォームには、洗顔料をクリーム状にするために、「界面活性剤」が使われてます。一般的に、「界面活性剤」は化学合成で作られています。

 

この「界面活性剤」がニキビに悪影響を与えると言われています。

 

洗顔フォームなど、「界面活性剤」が含まれている洗顔料は、すぐに泡立ってとても使いやすく、洗顔力も強いのが魅力ですが、ニキビが気になる方は特に注意が必要です。

 

ニキビ対策の為に「クレンジング」にも注意が必要

 

メイクをしている女性は特に、クレンジングに気を付けてみて下さい。

 

ファンデーションなどのメイク品は油分を含んだものがほとんどです。メイクの落とし残があると、毛穴詰まりを促進させる原因になってしまいます。

 

こすらずに素早くメイクを落とせる品をチョイスしてみて下さいね。

 

しっかりメイクの方はオイルやジェルタイプのクレンジング、薄めのメイクであればクリームタイプがおすすめです。

 

ニキビを予防するクレンジング方法
  1. クレンジングはケチらずに手に取る。ケチるとお肌に摩擦を与え肌ダメージの原因になります。
  2. 額〜鼻、Tゾーンにクレンジング料をのせて、指の張らを使い、軽くメイクと馴染ませる。
  3. 頬などのUゾーンにクレンジング料をのばし、軽く馴染ませる。
  4. 目元や口元などに軽くなじませていく。
  5. ぬるま湯に手をくぐらせて濡らし、顔全体に塗布してクリーム色になるまで乳化させる。
  6. 完全に乳化したらさっとお湯で洗い流す。

 

ダブル洗顔不要の洗顔料はニキビ肌に良いの?

洗顔料とクレンジングが一度にできる「ダブル洗顔不要」の洗顔料はニキビに効果的なのでしょうか?

 

 

お肌のこすりすぎ・洗い過ぎも肌ストレスとなり、ターンオーバーに悪影響を与えてしまうので、ナチュラルメイクの方であればクレンジング+洗顔機能が1つになった、W洗顔不要の洗顔料がおすすめと言われています。

 

「マナラホットクレンジングゲル」、「ドゥオ ザ クレンジングバーム」、「クレイ・クレンジングクリーム(ビーグレン)」などに定評があります。

 

ただし、ウォータープルーフのコスメを使用している場合、落ちにくいという口コミも。

 

メイクがしっかり落ちていなければニキビを悪化させてしまうので、使用している化粧品を落とせているか、ふき取り化粧水を含ませたコットンで優しくお肌をふき取り確認してみましょう。

 

メイクが上手く落とせていない場合は、クレンジング+洗顔にした方が良いでしょう。

 

なるべくお肌に負担をかけず、しっかりメイクを落とせる方法を考えていきたいですね。

 

ニキビ石鹸の選び方

 

自分の肌質に合ったものを選ぶ

人それぞれ肌のタイプは違います。お肌のタイプは大きくわけて脂性肌、乾燥肌、混合肌の3タイプがあり、人は誰もがこのどれかの肌タイプに合致しているとされています。自分の肌タイプを正しく把握しておかないと、化粧水や乳液、美容液等のスキンケアグッズ、洗顔フォームや石鹸、クレンジングなどの洗顔料を選ぶことはできません。自分の肌タイプに合わないものを選び利用してしまうと、いらない肌トラブルを起こしてしまう可能性がありますから。


ニキビのタイプにあったものを選ぶ

にきびには赤にきび、白にきび、黒にきびの3種類があり、それぞれ適したケアの方法があります。症状にあわせて合った方法でケアを行わないと、せっかくの治療が逆効果になってしまったりにきびを悪化させてしまうこともあるのです。それは洗顔でも同じで、にきび石鹸を使用するのなら自分のにきびに合ったものを選ばないと、せっかくの石鹸の効果を感じられなくなってしまいます。


続けて購入できる価格か?

にきび石鹸を選ぶ場合、優れた成分を配合しているものはそれなりのお値段がしますからどんなものを選ぶか迷ってしまいますよね。石鹸が使い終わるまでににきびが綺麗に治り、その後全くできないというのであれば1回こっきりだと思って少々お高いものに手を伸ばすこともできますが、そうなる保障はありません。


どんな成分が配合されているか

にきび治療のために石鹸を選ぶ方は、その多くが出来るだけ天然成分の、化学成分を配合していないお肌に優しいものを使用したいと考えている方なのではないでしょうか。そういう風にお肌のことを考えよりよいものを、と思うのなら配合されている成分をしっかり確認して、自分のお肌に刺激を与えてしまいそうな成分が配合されていないかを確認すべきです。


殺菌成分は必要?

にきびに効果がある石鹸の中には、殺菌成分を含んでいるものが多くあります。赤ニキビや黄色ニキビなど、アクネ菌が増殖し炎症を起こしてしまったにきびには菌を殺し炎症を抑える成分が配合されているにきび石鹸がベストで、そういった需要にあわせて世の中には様々な殺菌成分が含まれている石鹸が流通しています。


泡立てやすさ

きちんと洗顔をする上で、泡はとても大事です。これは使用するものがにきび石鹸だろうが普通の石鹸だろうが、はたまた洗顔フォームだろうがどれでも同じことで、顔を綺麗に洗うにはしっかり泡立ててその泡を使って優しく洗いあげることが大事なのです。そのために、泡立てやすさは使うにきび石鹸を選ぶ上でとても大事な要素となります。


 

ニキビ石鹸とは

 

ニキビ石鹸が持つ効果

にきび石鹸が持つ効果には、いろいろなものがあります。どれも出来てしまうにきびの性質に合わせて、適した成分を配合し製造したものですので私たちはにきび石鹸を選ぶときには、自分のにきびに合う成分が配合されているものを探し選んで、利用しなければなりません。


顔用とボディ用の違い

にきび石鹸を含む石鹸には、には顔用とボディ用、そして体も顔もこれ1つでOK!というものがありますよね。こういった、使う場所によっての違いって何なのでしょうか。まず顔用について。顔は体の中でも特にデリケートで、刺激に弱い部分です。なので、顔を洗浄するとなると、適した刺激の少なく優しい成分を配合させ、また綺麗に洗えるよう泡の弾力にも配慮しなければなりません。


普通の石鹸との違い

石鹸洗顔をするのなら、普通の石鹸でもいいじゃない?とお思いの方もいらっしゃるようですね。確かに美容のために出来るだけ添加物の入っていないもの、石鹸など自然のものを、と考えて石鹸にたどり着いたのなら、にきび用石鹸ではなくごく普通の石鹸でも大丈夫でしょう。しかしにきびを改善する、という目的のもと石鹸洗顔を始めるのなら、やはりきちんとにきび対策が出来る石鹸を使用すべきです。


ピーリング石鹸って?

にきびやにきび跡を改善するために、一般皮膚科や美容皮膚科で行われているケミカルピーリングという医療行為を皆さんはご存知でしょうか。ケミカルピーリングとは、お肌に酸性の薬剤を薄く塗って、古くなった角質を溶かしてはがし、皮膚の再生を促すものです。くりかえすにきびの場合は、毛穴が開いたままの状態になってしまっていたり古くなった角質が毛穴をふさぎ、皮脂が排出できなくなっていたり、皮脂分泌が過多なため何度もにきびが出来る、などの原因が主に考えられます。


洗顔フォームはNG?

にきびなど肌トラブルがあると、洗顔フォームじゃなくて洗顔石鹸がいいよ!と石鹸を勧められたことがある方は、少なくないのではないでしょうか。なんとなく世間一般のイメージから石鹸イコールお肌にいいもの、洗顔フォームイコールお肌にはあまりよくないもの、という印象を感じますが、これってどういう理由からなのでしょうか。


 

 

ニキビ洗顔の関連情報

ニキビにもおすすめの洗顔料「どろあわわ」の口コミサイト
どろあわわ口コミ発表.com

更新履歴